借金があるとクレジットカードが作れないの?【借金相談専門の弁護士が真実を語る】

借金 クレジットカード

皆さんがよく使うクレジットカード。

私の相談者の中にもクレジットカードを使いすぎて、首が回らなくなった方がたくさんいらっしゃいます。

しかし、中にはこういった相談をされる方がいらっしゃいます。

相談者さん

「借金があってもやっぱりクレジットカードは使いたい」

相談者さん

「借金がある場合に、クレジットカードの審査が通ることはあるの?」
「弁護士としてはあんまり教えたくはないですが、今日は特別に教えちゃいます!」

弁護士ビーノ

そこで今回の期日は、借金があるとクレジットカードを作れないのかどうかを弁護士目線でお話ししていきます。

これを見ればクレジットカードをもしかしたら利用できる場合があると思いますので、お気軽にご覧ください。

解説者
  • 品川区で弁護士をしています。
  • 弁護士7年目
  • 法律相談は,電話・対面を含めてほぼ毎日行ってきました。
  • 借金の法律相談は,100件以上対応してきました。
  • もし困った際は,品川区の弁護士ビーノが対応致します👍
  • LINE@はこちら
  • Twitterはこちら

1 クレジットカードは借金?

まず、クレジットカードを使用することは、どのような行動か考えてみましょう。

弁護士ビーノ

「クレジットカードを使うと支払いはどうなりますか?」
「来月に支払いが伸ばせます!」

一般の方

弁護士ビーノ

「来月に支払いが伸ばせるのはなぜですか?」
「クレジットカードカード会社が一旦お店にお金を払ってくれているからです。」

一般の方

弁護士ビーノ

つまり皆さんはカード会社から『信用』されていて、あとで代金を支払ってくれると思われてるからですね。

弁護士ビーノ

結局これはカード会社からお金を借りて返済しているのと同じになりません?

そういうわけで、クレジットカード払い≒借金なので、借金と同じ扱いを受けているということになります。

では、借金と同等の扱いを受けるクレジットカード払いをするには、別の借金があるとできなくなってしまうのでしょうか。

2 借金があるとクレジットカードは作れないのか?

実際のところ借金があってもクレジットカードは作れてしまいます。

どういうことなのでしょうか。

結論としては、先ほどお伝えした通り、クレジットカード=借金なので、クレジットカードを作る方の信用状態がよければ作れますし、信用状態が悪ければ作れないということなんです。

例えばこのようなパターンを考えてみてください。

  1. 年収1000万円 クレカで200万円使用中
  2. 年収300万円 クレカで200万円使用中

このパターンでいうと、同じようにクレジットカードで200万円を使用していますが、年収が倍以上違います。

当然、年収1000万円の方のほうが資金的な余力がありそうなので、「信用あり」「返済できそう」と判断されるので、クレジットカードは作れるでしょう。

しかし、年収300万円の方のほうは、年収の3分の2近くの借金があるため、「信用無し」「返済できなさそう」と判断されるので、クレジットカードは作れない可能性があります。

これは貸金業法の総量規制が関わっています。

(過剰貸付け等の禁止)
第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
2 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(住宅資金貸付契約その他の内閣府令で定める契約(以下「住宅資金貸付契約等」という。)及び極度方式貸付けに係る契約を除く。)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(住宅資金貸付契約等に係る貸付けの残高を除く。)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

本来は、収入の3分の1までしか借金をさせることはできません。

では、自分が借金があってもクレジットカードをこれ以上作れるか、そして使用ができるのかを判断するにはどうすればいいでしょうか。

3 借金があってもこのクレジットカードが作れるかが運命の分かれ道

クレジットカードの審査は、基本的にCIC・JICCなどの信用情報機関にある信用情報とクレジットカード会社の内部情報により決定されていると言われています。

しかし、いちいちCICやJICCを取得するのは面倒なので、これからお伝えする二つのクレジットカードの審査が通るかどうかを目安にするといいと思います。

(1)アコムのクレジットカード

アコムは皆さんご存知の超有名消費者金融です。

アコムがクレジットカードを発行しているのですが、このクレジットカードが作れない場合は、信用情報にかなり問題があると考えてもらっても大丈夫です。

参考 アコムクレジットカードアコム

では、なぜアコムのクレジットカードがひとつの目安になるのでしょうか。

実は、このアコムのクレジットカードの審査はそれなりに緩めになっていると言われています。

つまり、緩めの審査が通らないということは、信用情報にかなり問題があるということになります。

(2)ヨドバシのクレジットカード

次に、家電量販店のヨドバシカメラが発行しているクレジットカードがあります。

参考 ヨドバシポイントカードヨドバシドットコム

こちらのカードも大学生レベルでも作れるくらい審査が緩めです。

私自身もかなり若い時に作ってました。

したがって、ヨドバシのクレジットカードの審査が通らないということは、信用情報にかなり問題があるということになります。

4 クレジットカード=借金【NOT魔法のカード】

皆さんもここまで読めばわかる通り、借金がある状態で、クレジットカードを使用する・作ることは、借金を増額させることに他なりません。

弁護士の立場から言わせていただければ、破滅の道です。

どうか気をつけてクレジットカードだけは使ってください。

こちらの記事でも借金に関して書いています。ぜひ参考にしてください。

借金から合法的に 債務整理簡単解説【有料級】借金から合法的に逃れる?債務整理について簡単解説! 任意整理の全て 弁護士が語る【完全版】「任意整理のすべて」を100件以上対応した弁護士が語ります。 家族や会社にバレない 借金整理【これで安心】家族・会社にバレないたった一つの借金整理の方法

もし、借金やクレジットカードの使い過ぎで困った場合には、弁護士ビーノにご相談ください。

こちらからいつでも相談を承っています。

では、最後に復習をしていきましょう。

今回のまとめ
  1. クレジットカード≒借金である
  2. 借金があってもクレジットカードは作れる
  3. 借金があってもクレジットカードが作れるかどうかは2社のクレジットカードの審査が通るかを確認してみる
  4. クレジットカードは借金であると認識して、使いすぎには注意する。

今回はこれで弁論終結です。また次回の期日でお会いしましょう〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です