借金の法律相談前の準備ってどうすればいいの?【借金整理を100件以上行った弁護士がアドバイス】

借金の法律相談 事前準備

借金で困っているみなさんが最後に法律相談するのが,弁護士や司法書士だと思います。

しかし・・・

相談者さん

「法律相談に向けてどんな準備をしていけばいいかわからない。」

相談者さん

「弁護士さんが法律相談に向けてどんな準備をするか教えてくれなかった。」

そこで今回は,そんなお悩みの相談者さんに向けて,任意整理と破産・民事再生に分けて,借金の法律相談の際に必要な準備をリスト形式でお伝えしたいと思います。

これを見れば,借金相談をスムーズに進めることができますので,ぜひご覧ください。

また,すでに借金の法律相談を弁護士さんにしてしまったという方でも,必要な資料が揃っているかを確認できますので,参考にしてもらえると嬉しいです。

なお,一般的な法律相談に関する内容については,こちらでも書いています。

はじめての法律相談気をつけたいポイント【まとめ】「はじめての法律相談」気をつけたいポイント
解説者
  • 品川区で弁護士をしています。
  • 弁護士7年目
  • 法律相談は,電話・対面を含めてほぼ毎日行ってきました。
  • 借金の法律相談は,100件以上対応してきました。
  • もし困った際は,品川区の弁護士ビーノが対応致します👍
  • LINE@はこちら
  • Twitterはこちら

1 借金(任意整理)の法律相談をするときに必要な準備

(1)借金をしたことがわかる資料

まず借金の法律相談をするときに,いの一番に持ってこなければならない資料は,みなさんが借金をしたことがわかる資料です。

具体的には,以下の資料が必要です。

  • 返済した時の明細
  • スマホから見られる消費者金融の管理画面
  • CICなどの信用情報機関の発行した情報
  • 消費者金融からの請求書
  • クレジットカードの請求書

上の5つのいずれかがあれば,借りている会社やおおよその返済額も判明するので,まずこの5点がないか探して,準備をしましょう。

(2)ローン会社との契約書

次に,借金相談をする方の中には,車や時計,不動産などの物品をローン(割賦)で購入されている方もいらっしゃいます。

その場合,具体的には以下の資料が必要です。

  • ローンの契約書
  • 車であれば車検証
  • 不動産であれば売買契約書
  • ローンの残高証明書

特に,ローンの契約書があれば,みなさんが持っている車や時計,不動産についてどのような処理をする必要があるか,保証人がいるのかという大事なポイントが判明するので,最低でもローンの契約書は法律相談のときに持参しましょう。

2 借金(自己破産・民事再生)の法律相談をするときに必要な準備

次に,自己破産・民事再生の法律相談をするときに必要な準備をお伝えします。

自己破産・民事再生の法律相談をするときに必要な準備は,任意整理の法律相談をするときに必要な準備にプラスアルファして必要な資料となります。

具体的には,以下の資料が必要です。

  • 給与明細
  • 源泉徴収票(直近2年分)
  • 全ての通帳(2年分)
  • 家計簿があるとなお良し

実は,上記に書いた資料を申し立ての際にも使用することになります。

そのため,借金の法律相談の段階から準備しておくのがベターなのです。

また,家計簿が必要な理由としては,①申し立ての際に家計簿を作成するから②借金に困っているなら家計簿をつけて自分を見直して欲しいからという点があります。

借金の法律相談は,「お金の使い方のリハビリ」です。

ぜひ,自分を見直すためにも,資料の整理と家計簿の記載をお願いします。

3 弁護士との契約の際に必要な準備

最後に,弁護士との契約を借金の法律相談後にすることもあるかと思います。

その際に,必ず必要になる物をお伝えします。

  • 印鑑(三文判でもOK)
  • 身分証

印鑑については,契約書や委任状に押印することがありますので,そのために必要です。

身分証も以前の住所確認を行うことがあるのと,弁護士会のルール上行っているので,ほぼ必須だと思ってください。

いずれも持ち歩いているものだと思いますので,特段準備というほどではありませんが,頭の片隅に置いておいてください。

4 まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

借金の法律相談をするときに,必要な資料が頭に入ったかと思います。

この必要な資料については,後から持参でも間に合うものが多数あります。

法律相談前に揃わなかったとしても心配しないでください。

まず借金に困ったときは,早めに弁護士に相談するようにしてください。

ところで,これまで借金の法律相談に必要な資料のお話をしてきました。

実は,借金の法律相談をするときの必要な資料は,「皆さんのお金の流れ」を把握するための資料だったことは気づいてましたか。

例えば,通帳もお金の出入りで不審な点はないかということですし,借金の明細も借り入れ返済という意味でのお金の出入りをチェックしているのです。

自己破産・民事再生では,裁判所に「皆さんのお金の流れ」を説明して,借金を合法的に減額してもらう手続ということが言えます。

そういった説明をしていく中で,皆さんに「自分のお金の流れは,よくなかったなぁ」と反省をしていただく。

先ほどもお伝えしましたが,借金の法律相談は,「お金の使い方のリハビリ」です。

ぜひ,弁護士と一緒にリハビリをして,良好な生活を取り戻してくださいね。

では今回の記事について復習していきましょう。

今回のまとめ
  1. 任意整理の法律相談では,借金をしたことがわかる資料とローンの契約書を準備しましょう。
  2. 自己破産・民事再生の法律相談では,給与明細・源泉徴収票・通帳等を準備しましょう。
  3. 弁護士と契約をするときには,印鑑や身分証を忘れずに。
  4. 借金の法律相談は,「お金の使い方のリハビリ」です。

今回は以上です。また次回の記事でお会いしましょう〜

最後までご購読ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です