1ヶ月で4キロ減は簡単です【実録ケトジェニックダイエット】

ケトジェニックダイエット

私は、ダイエットを始めた当初に巷で流行りの「ケトジェニックダイエット」(糖質カット)をしました。

結果として、「1ヶ月で4キロの減量」に成功しました。

でもケトジェニックダイエットが続かなかった人や糖質を減らしているのに減量できなかった人が多いんです。

そこで今回は、「確実」かつ「痩せる」ことができるケトジェニックダイエットのやり方を伝授します。

ケトジェニックダイエットについて勘違いしている方もこれを見れば自分の進むべきダイエット道が見えると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

解説者
  • 体重を6ヶ月かけて20キロ近く減量しました
  • 筋トレは継続し、ベストボディジャパンに出場予定
  • ケトジェニックダイエットで1ヶ月に4キロ減を3回達成
  • Twitterはこちら

1 ケトジェニックダイエットでの勘違い

ケトジェニックダイエットというと

ダイエッター

「糖質カットでいいんでしょ?」

ダイエッター

「野菜とかも食べよう」
「それじゃケトジェニックダイエットとはいえないなぁ・・・」

ビーノ

みなさんがケトジェニックダイエットについて勘違いされていることが2点あると思っています。

ケトジェニックダイエットに関する勘違い
  1. 糖質カットは厳密なカットが必要なので、野菜すらもカットせよ
  2. タンパク質と脂質は必要で、特に「良質」な脂質を摂取せよ

実はケトジェニックダイエットは、思ったより調整が必要なダイエットなので、脂質をカットする「ローファットダイエット」と呼ばれるダイエットとは違い、食べられるものが限られてきます。

そして、脂質をいつもより多量に摂取すること、しかも脂質が脂肪に変わらないようにする必要があるのです。

しかし、私がお伝えする方法を知れば、簡単にケトジェニックダイエットを継続できます。

次の部分で説明していきます。

2 糖質の摂取を0にするために

(1)ケトジェニックダイエットをまとめます

ケトジェニックダイエットを私の理解で噛み砕いていうとこうなります。

ケトジェニックダイエットとは?
  • 糖質の摂取を0に近づけて、脂質で身体を動かしていく。
  • 脂質で身体を動かすことで脂肪を燃焼していく。
  • 脂質を大量に摂取する必要がある。
  • しかし、その脂質は脂肪に変わりづらい良質なものである必要がある。

専門的な用語でいうと脂質で身体を動かしていく状態を「ケトーシス」といいます。

実はここで勘違いが起こっています。

(2)その食べ物、糖質が含まれてます

糖質の摂取をできる限り0に近づけるためには、以下の食べ物は摂取できないはずです。

  • プロテイン
  • 野菜
  • 納豆・豆腐・牛乳

よくプロテインを飲む方がいますが、裏の成分表をよくみてください。

必ず10g程度の糖質が含まれています。

そして、野菜ですが、葉物は別としても、トマトや玉ねぎ、キャベツには糖質が一定量含まれています。

さらに、納豆や豆腐、牛乳も成分に糖質が含まれています。

つまりこれらの食べ物は、ケトジェニックダイエットの場合は、非推奨なのです。

ダイエッター

「野菜はヘルシーだからいいんじゃない?」

先ほどケトジェニック=脂質で身体を動かすとお伝えしました。

ご存知の通り、人間の体は、基本的に糖質で動かすようにできています。

つまり、糖質が体から0になった時点で脂質を使って身体を動かすようになるのです。

しかし、皆さんが糖質を含む食べ物を食べれば糖質を使って身体を動かすので、いつまでたってもケトーシスの状態には至りません。

したがって、ケトジェニックダイエットが失敗しやすいということになります。

糖質を摂取しないようにご飯を食べることが第一のポイントになります。

3 良質な脂質を摂取しよう

糖質をカットした後は、脂質をたくさん摂取する必要があります。

しかし、脂質だからと言ってなんでもいいわけではありません。

ケトジェニックダイエットにおいては、「良質な」脂質をたくさん摂取して、脂肪をつけないようにしたいです。

良質な脂質が含まれている食べ物
  • アボガド
  • グラスフェッドギー
  • ナッツ
  • チーズ
  • MCTオイル
  • 肉・魚

この中で聞きなれないものが二つあると思います。

それは、グラスフェッドギーとMCTオイルですね。

具体的には、グラスフェッドギーとMCTオイルを入れたコーヒーを朝に飲むことになります。

やり方については、こちらの記事を参照してください。

良質な脂質を朝からがっつり摂取できます。

参考 バターコーヒー 一番簡単な作り方OTONA SALON

そして脂質の摂取ですが、身体を動かすための栄養素が糖質から脂質に切り替わっているので、朝昼晩と脂質をかなり摂取する必要があります。

ダイエッター

「脂質をそんなに摂ってカロリーは大丈夫なの?」

問題ありません。

ケトジェニックダイエットにおいては、カロリーオーバーだけど痩せるという現象がおきますので、心置きなく肉と魚を食べましょう。

4 ケトジェニックダイエットをすると起きること

まず、ケトジェニックダイエットをすると、最初の1週間で急激に痩せます。

そして、2週間少しずつ減りながら、最後の1週間でまた急激に痩せます。

つまり、間の2週間は変化が少ないのです。

みなさんがケトジェニックダイエットをしたときに結果が出ない理由として、やはり変化が少ない時期があるからなんだと思います。

そこで、次の部分でビーノなりに確実にケトジェニックダイエットを攻略するための方法を考えました。

5 流派ビーノによるケトジェニックダイエット

では、最後に「じゃあお前はどうやってやったの?」という点について答えたいと思います。

ビーノのやり方10か条
  1. 糖質のほぼ100%制限をしていく
  2. 野菜・プロテインすら一切摂取しない
  3. 朝から晩まで脂質が切れないように多くの脂質を摂取する
  4. きのこやワカメは食べて食物繊維は補給
  5. 食物繊維が足りない時は、「イヌリン」を飲む
  6. 味が単調になりやすいので、ポン酢やスパイスなどを使って味付けをする
  7. 肉は牛肉・豚肉・鶏肉どれでもよし!
  8. 魚も脂質の多いしゃけや青魚もガンガン食べよう
  9. 間食はミックスナッツかコンビニのサラダチキン
  10. 筋トレは挙げられる回数は減るものの、継続して行う

ここまでやりきれれば、必ず結果は出ます。

実際に1ヶ月で4キロ減を3回もできたビーノが言っているので間違いありません。

体重計に乗って体重が減っている瞬間が最高です。

これを1ヶ月に2度味わって、次はお米を食べてダイエットをしていきましょう。

私が参考にした動画こちらですので、色々参考にしてください。

私の場合は、ケトジェニックに関するユーチューブの動画をほぼみてます。

もし、「具体的に筋トレはどうやってやったの?」ということが気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

筋トレをすれば仕事ができる。20キロ痩せた弁護士の体験談。

また、YouTubeの動画もアップしていますので、ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です