弁護士さん向けポストコロナ時代のサービス構築コンサル【はじめました】

弁護士 コロナ コンサル

弁護士の皆さんはポストコロナ・ウィズコロナに向けて何か準備をしていることはありますか?

弁護士さん

「オンラインやリモートワークじゃ効率が上がらないのでは?」

弁護士さん

「zoomやteamsを使ってお客さんが増えるの?」

弁護士さん

「コンサル会社がやっていても実例がわからないなぁ・・・」

実際、弁護士ビーノは、4月からSNS(TwitterやYouTube)経由でいらっしゃったお客さんをLINE@やzoomを取り入れた手法で、法律相談をした上で、すでに数十件以上の受任をしています。

そこで、今回は、弁護士ビーノが実際にウィズコロナ時代を生き抜くために、今無料又は比較的安い金額で使えるオンラインサービスを使いながら、どのようにしてお客様を獲得し、受任に繋げたのかをお話していきたいと思います。

これをみれば、ウィズコロナ時代の弁護士の集客の一手法が見えてくるのではないかと思います。

また、ブログの最後にはコンサルティングサービスの概要についても説明いたします。

もし興味がある弁護士さんがいる場合には、直接ご相談の上、お手伝いができればと思っています。

ではご覧ください。

解説者
  • LINE@はこちら
  • 品川区で弁護士をしていますびーのです。
  • 弁護士びーのは7年目
  • zoomでの相談はすでに1ヶ月以上継続しています。
  • もし困った際は,品川区の弁護士びーのが対応致します👍
  • Twitterはこちら

1 SNSによる集客について

(1)SNS集客の重要性

実はSNSによる集客の重要性を強く感じ取ったのは、コロナ問題だけではなく、東京ミネルヴァ法律事務所の破産問題も絡んでいます。

つまり、東京ミネルヴァ法律事務所問題によって発生した問題が、「リスティング広告やテレビ広告が信用されなくなった」という点にあります。

この点については、別の記事でも説明をしていますので、そちらもご覧ください。

東京ミネルヴァ 闇ミネルヴァ法律事務所が破産!【その闇と影響はでかい】

よって、これからは顔の見える・ある程度人柄がわかる弁護士が選ばれやすいのではないかと予想しています。

そうするとお客様との接点において重要となってくるのが、「SNSによる発信」という点です。

(2)SNS集客のメリット(Twitterの場合)

①費用を抑えられる

SNSによる集客による最大のメリットの一つが「費用が最小限に抑えられる」です。

今までかかっていたリスティング広告費用数十万円やポータルサイト登録費用十万円等が不要となります。

なんなら無料で継続することもできますし、自分自身で集客の方向を変えることもできます。

②容易に受任に繋げられる

さらにSNSには大きなメリットがあります。

  • 自分のキャラを出せる
  • 自分の欲しいお客さんに向けて発信ができる
  • 依頼したいという気持ちがあるお客さんを集められる

このSNS3つの強みが受任のしやすさに繋がっていると感じています。

今まで、リスティング広告やポータルサイトでは、弁護士さんキャラを出していくことは非常に困難でした。

そして、お客様には弁護士のキャラを確認することは困難で、ミスマッチに繋がっているという問題点がありました。

しかし、SNSの発信では、集客以外の発信も併せてできるので、自分のキャラを出すことがすごい簡単なんです。

さらに、SNSは検索システムが充実しているので、「不倫」「借金」「事故」というワードを発信している方に対して、広く発信をすることもできます。

加えて、「不倫」「借金」「事故」というワードを発信している方は、実際に悩んでいる方でもあるので、アプローチ次第では、すぐに依頼を受けることもできます。

(3)実際の受任事例(Twitter)

実際の事例
  1. Twitterにて「借金」というワードで検索して、困っている方を見つける
  2. 困っている方のツイートに対して、相談受け付けていますというリプライをする
  3. 相談が個別のメッセージが来るので対応
  4. zoomにて打ち合わせ
  5. 実際にお会いして受任

上で書いた事例は、実際に私の受任事例となります。

本当にSNS上には困っている方がたくさんいらっしゃいます。

そして、弁護士が思っているより、弁護士へのアクセスは敷居が高く、電話をして相談ということに踏み切れない方もたくさんいらっしゃいます。

そういった方に適切なアプローチ+キャラ出しをすることにより、受任を増やすことができるのです。

(4)実際の受任事例(YouTube)

私の場合は、YouTubeでも発信をしており、借金での相談がコロナ後に急増しています。

今回は、以下の動画(再生数はわずか2500回程度)での事例をお話しようと思います。

ちなみに私はチャンネル登録者数は、500人に満たないですが、動画制作から40日後を目安に相談者さんは急増しています。

実際の事例
  1. 借金に関する簡単な説明を動画にて行う
  2. 動画の概要欄にLINE@を書いておく
  3. 相談がLINEの個別のメッセージが来るので対応
  4. zoomにて打ち合わせ
  5. 受任

動画自体は、編集を誰かに依頼するとしても2〜3万円程度で済み、一度作れば広告を出す必要もなく、勝手に視聴者が増えていきます。

このような動画は誰でも作ることができますし、編集費用以上の費用はかかりません。

実際、このような形で多数受任をしています。

こういったSNSでの集客は再現性の高いものであると思っています。

誰でも継続して発信をし続けられるよう私がサポートしていきます。

2 LINEやzoomを使った相談者さんとのやりとり

では、次に集客した相談者さんとの具体的なやりとりの方法についてお話します。

弁護士ビーノは、ウィズコロナ時代では、相談者さんが一番使っているツールであるLINEをメインのやりとりに使いつつ、相談者さんとの詳細なやりとりをするためにzoomを使っています。

具体的にどのような使い方をすることで依頼者さんとのやりとりをスムーズにしているかは別の記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

LINE法律相談 弁護士法律相談をLINEでやってみた結果【現役代表弁護士が3ヶ月試してみたよ】 zoom法律相談 弁護士法律相談をzoomでやってみた結果【現役代表弁護士が1ヶ月試してみたよ】

具体的なメリットについては、以下のとおりです。

LINEとzoomのメリット
  1. 依頼者さんも簡単にスマホで使えるツールであること
  2. 受任後も
  3. ファイルなどの送信も簡単にできる
  4. 依頼者さんとの相談をデータとして記録できる

3 ウィズコロナのサービス構築コンサルティング

今回弁護士ビーノが弁護士さんに対して提供するサービスは以下の通りです。

サービス内容
  1. SNS運用コンサルティング
    ①初期の運用設計
    ②分析方法の伝授
    ③週1でのテキストレビューとミーティング
  2. LINE@導入コンサルティング
  3. zoom導入コンサルティング
  4. YouTube動画作成コンサルティング

これらSNSの運用による集客のメソッドを実際にSNSからの受任に繋げている弁護士ビーノが直接お教えします。

また、Twitterに関しては、2万フォロワー超えの専門家とともに運用設計や分析、投稿のコツなどを教えながら、毎週ミーティングを行いたいと思っています。

さらに、zoomやLINE@については設定や具体的な使い方をお伝えし、運用の補助をしたいと思っています。

加えて、YouTubeについては、台本制作の方法や受任ができる動画の制作ポイントについて制作を一緒にしながら学んでいただければと思います。

気になる費用については、各事務所さんによってコミット度合いやサービスの必要不必要が変わってくると思いますので、ご相談の上決めたいと思っています。

基本初期費用としては、10万円(税込)を考えています。

ぜひ我こそは新しい集客をしたいという弁護士さんがいらっしゃいましたら、LINE@にてご相談いただければと思います。

では、今回はこれで以上。また別の記事でも実践例等をアップしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です